頸肩腕症候群

頸肩腕症候群

このようなお悩みはありませんか?

  • 手の力が入りにくい。
  • 肩から腕にかけてのしびれと、痛みがある。
  • 頭痛が強く、薬を飲んでもおさまらない。
  • 首がまわりにくく、無理に動かすと痛みが生じる。
  • 目眩や吐き気を催すことがある。
  • 手の冷えがひどい。

 

それは本当にただの肩コリですか?

当院では頸肩腕症候群の症状に悩む患者様が来院されています。

当院には病院や他の整骨院、整体院では改善しなかった「頸肩腕症候群」の症状を改善し、再発予防を可能にする理由があります。

ただの肩コリと思って放置していないでしょうか?

あなたはこのような症状に悩まれていないでしょうか?

下記のような項目に当てはまるものがあれば「頸肩腕症候群」の疑いがあります。

  • 肩や腕にかけて、痛み、痺れがある
  • めまいや吐き気を催すことがある
  • 手の冷えがひどく、手に力が入りにくい
  • 首が回らない、または動かすと痛みがある
  • 薬を飲んでも頭痛が治らない

以上は当院で来られる代表的な症状例です。

他にも症状はありますが、もしあなたが1つでも当てはまるものがあれば最後までお読みいただければ幸いです。

必ずお力になれる自信があります。

このような状態は肩コリのレベルは超えてしまっています。

肩コリはお風呂などで温めたり、定期的な運動などで解決されるものが多いですが、頸肩腕症候群と判断されると、程度の軽いものでない限り自助努力だけでは非常に難しいです。

しかし、きっとあなたも卒業された患者様のように、頸肩腕症候群から解放される日がやってくるはずです。

そしてあなたがやりたくてもできなかった事、やりたかった事が叶うはずです。

患者様の声

頸肩腕症候群と診断され、整形外科に通院していた育児と仕事をこなす30代女性

2歳の子どもがいて、1年前から仕事も復帰しています。

以前から肩コリで悩んでいました。

仕事を初めて数ヶ月、頭痛や手にも痺れが出て来たので不安になり、病院に行く事にしました。

病院でレントゲン撮った結果、特に骨に異常はないとら言われ、頸肩腕症候群と診断を受けました。

痛み止めと湿布をもらいました。

ひどい時は薬を飲むのですが、1日楽な時はありません。

デスクワークで、座っているのも辛くなってきて、なんとかできないかと、検索した時にいまふく鶴見鍼灸整骨院さんを見つけて相談しました。

話を親身に聴いてくださって、私に合った治療を提案してくださいました。

説明も丁寧で、ここに通ってみようと思いました。

一回の治療でもしっかりと血が巡るような感覚があり、スッキリしたので驚きました。

通っていくうちに仕事中の辛さもなくなりました、話も親身に聴いてくださって、ストレスの発散にもなっています(笑)

子どもも連れていけるので助かっています。

もっと早く相談に来れば良かったです。

※上記は患者様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

いかがでしょうか?

あなたが首、肩の痛みなどで悩み、他の病院や整骨院、整体院に行った事があれば同じような経験をしているかもしれません。

整形外科などでは、もし、あなたが首、肩の痛みを感じていて整形外科に行った際に、検査を受け、画像診断などで異常は認められず、頸肩腕症候群と診断されて、湿布や痛み止めの処方されたりします。

酷ければブロック注射や、精神的なストレスが背景にある場合はの軽減の為の精神安定剤などを勧められるかもしれません。

また、多くの整骨院では、他の整骨院から転院してこられる患者様からよく聞くのは首、肩のマッサージや電気を当てたりします。

ですが、通っていても一時的に楽になるが数日経てば戻ってしまうという状況

それを先生に伝えても「〇〇さんの場合時間がかかります」と言われるばかり…

いつまでも改善されず、あなたの時間を奪っていくだけの日々。

なぜ、湿布や痛み止め、筋肉をゆるめるマッサージなどでは改善されないのか…

先生が正しい知識を持ち、それに適合した治療をする事で必ず改善に向かいますので安心してください。

そもそも頸肩腕症候群とはどういうものか、もう少し詳しく説明します。

整形外科での検査では変形性頸椎症や頸椎ヘルニア、胸郭出口症候群などは認められず、原因が特定できない場合の診断を受けることが多いとされます。

デスクワークでのパソコン作業や子育てなどでの中腰や、視線を下げているから首や肩、頭が前方に変位している状態が長時間続く事で、肩首、頭部の筋肉が収縮し、過緊張を起こします。

主な筋は、僧帽筋、胸鎖乳突筋、前斜角筋、肩甲挙筋、頸板状筋、頭板状筋、半棘筋、側頭筋、三角筋、棘上筋、菱形筋などがあります。

そこに過度なストレス、1日の疲労が蓄積します。

しかし、姿勢が悪い状態があまりにも長いと間続くと筋は損傷し、血管の通りも阻害され阻血状態となります。

また、強い精神的なストレスが続く事によって自律神経が乱れて発症する場合もあります。

頭痛、めまい、吐き気や自律神経が乱れ、寝つきが悪くなる、倦怠感、月経困難なども症状に挙げられます。

筋肉をマッサージするだけで解決しないのはなぜか?

それは普段の姿勢、生活習慣によって生じた歪みが原因だと当院では考えます。

いくら筋肉を緩めても歪みがあれば元に戻ります。

原因を放置したままで本当に改善すると思いますか。

当院の施術方針

その原因を解決するために当院では独自の骨盤矯正姿勢矯正を行なっています。

また、正しい骨盤の状態をキープする為の体操、トレーニングなどもお伝えする独自のプログラムがあります。

そして自律神経のバランスを整えて回復能力を向上させるために鍼灸治療を行っています。

 

 

頸肩腕症候群についてお悩みの方は、城東いまふく鶴見鍼灸整骨院までご相談ください!!

※慢性疾患の場合は保険適応外のため、実費診療となります。

 

お客様の声

肩こりがひどく、顎が痛かったのが楽になった

お客様の声1の写真

二年近く肩こりがひどく、あごが痛かった。アルバイト(高校時代)通り道にあったので行ってみました。姿勢が悪かったため、そこからくる顎の痛みと聞き、実際に矯正を受けとても楽になりました。通院は今でもしてますが、痛い施術がないから嬉しい。 お名前もりこ 20代 職業:専門学生

30年くらい肩こりに悩まされていました。

お客様の声2の写真

ずっと肩こりに悩んでいて、こちらに来させてもらう半年前から頭痛がするようになりました。ネットで近くの整体とかカイロとかも含めて探しました。評判がよくて明るい印象だったのでこちらに決めました。とても丁寧に説明して頂き、無理にすすめられることもなく通いやすいと思いました。

頭痛、肩こり、腰痛がひどくて、常に薬を持っている状態でした。

お客様の声3の写真

以前からずっと肩こりと頭痛に悩んでいて、常に薬を持っている状態でした。そんな時に前を通りかかりこちらにお世話になりました。通っていくうちに薬をほぼ飲まなくても良くなり、身体のダルさが軽減していきました。  お名前 M・Nさん 30代 サービス業

城東いまふく鶴見鍼灸整骨院、〒536-0002 大阪府大阪市城東区今福東1-7-5

当院へのアクセス情報

城東いまふく鶴見鍼灸整骨院

所在地〒536-0002 大阪府大阪市城東区今福東1-7-5
電話番号06-6167-8503
駐車場なし
休診日土曜午後、日・祝日

大きな地図で見る

すぐに受けたい!お気軽にお問い合わせください。06-6167-8503

  • 当日予約OK!ケータイも可!インターネット予約

ページトップに戻る

電話をかける
LINEで予約